使ったあとの肌がさっぱりする洗顔料を使う

 

油分を残さずに洗えばしっかり保湿できる

しっとり洗顔料とサッパリ洗顔料がありますが、しっとり洗顔料のほうが肌の潤いを奪わないで、やさしい感じがするようです。

 

でも洗った後のしっとり感を与えているのは、実はほとんどが洗顔料に含まれている油分であって、もともとの肌の潤い分とは違います。

 

肌にとって大切な潤いの元は水分ですので、油分が残ってくれても有り難い話ではありません。

 

さっぱり洗顔料には油分はほとんど含まれていません。

 

平均的なことろでいると、しっとり洗顔用の洗顔フォームには30%程度の油分が含まれているのですが、浴室の固形石鹸には5%程度しか含まれていません。

 

顔を洗うと肌がつっぱると、乾燥してシワになると思われますが、洗顔後にしっかりと保湿をすればいいんです。

 

そもそも洗顔料に保湿力を求める必要もないのですね。

 

洗顔料はあくまでも落とすためのものですからね。

 

しっとり洗顔料のもう一つの問題点は、肌に脂が残るので、どの程度落ちているのかが分かりづらくなることです。

 

洗顔の時は、汚れと一緒にセラミドなど肌の天然のうるおい成分も流れてしまいます。

 

流出は最小限にしなければいけないのですが、洗顔料の中に脂が入っていると、いつまでも指先に脂の間食があるので、のんびり洗っているうちに大切なうるおい成分が多量に流出しても気づかなくなります。

 

洗顔料は弱酸性がいいと言われますけど、弱酸性にこだわる必要はなくて、洗顔後すぐに弱酸性の化粧水をつければ心配なのです。

 

メイク落とし派サッパリ系、洗顔料はしっとり系が最近多いですが、肌のためには逆がいいのですね。

こすらなくても肌の汚れは落ちる

肌荒れの原因に、こする刺激があります。

 

でも肌荒れで悩んでいる人は、ゴシゴシと洗っているつもりはなくて、普通に洗っていると思っています。

 

洗顔を他人と比べることはないので、洗顔法はかなり個人差があるのですね。

 

とにくニキビや毛穴のざらつきを気にする人ほど、擦る傾向にあります。

 

指で肌をなでていると、ぷつぷつとしたものが触れるので、つい気になってそこをいつまでも擦ってしまうのです。

 

実際にはメイク落としでも洗顔料でも、そのプツプツを溶かし出すことはできません。

 

その前に肌の方が傷んでしまいますよ。

割らないように卵を洗う

洗顔のポイントは泡です。

 

洗顔料は肌にのせておくだけで、汚れを浮き上がらせてくれますから、擦る必要はまったくありません。

 

なるべくこすらないようにするために、泡をたくさん立てて、その泡を指と皮膚の間のクッションにした状態で洗っていきます。

 

顔が卵だったらと考えて、割らない程度の力で洗います。

 

泡で顔を包みこむ感じですね。

 

皮膚と言うのは額は鼻が一番丈夫で、次は頬、一番弱いのが目元です。

 

だからメイク落としの手順と同じで、この順番に洗っていくといいのですね。

 

すすぐ時に脂が残っているかどうかは指滑りで分かるはずですが、Tゾーンだけは軽く2回洗ってもいいでしょう。

肌のうるおい維持には保湿成分が欠かせない

人工的に人の皮膚を乾燥させて、肌をパリパリにして、そこに皮脂を塗るとパリパリ感はほとんどかわりません。

 

そこに保湿成分であるセラミドを塗ると、パリパリ感はなくなって肌に柔軟性が出てきます。

 

肌の潤いを維持するために必要なのは、油分ではなくて、水分を維持することができる保湿成分なのです。

 

スキンケアの基本を知っていることは、自分の肌を美しく保つためにとても大切なことなんですね。

 

 

 

角質層にある細胞間脂質は、ラメラ構想によって、水分をしっかりとつかんでいるので、肌は乾燥しにくい状態にあります。

 

毛回〜の刺激物質や細菌などを皮膚の中に入れないバリア機能がしっかりと働いています。

 

★角質層・・・皮膚のいちばん外側にあるしんだ細胞の層です。セラミドを中心とする細胞間脂質と天然保湿因子がここにあって、角質層の水分を守っています。皮脂腺から出てくる皮脂が、いちばん上に皮脂膜を作っています。

 

★基底層・・・新しい細胞をつくる基底細胞がある。

 

★コラーゲン・・・真皮の弾力を保つ成分で、繊維芽細胞より合成されます。

 

★エラスチン・・・ゴムのような弾力性と伸縮性をもつ物質。

肌を乾燥から守る保湿の三因子

角質層はわずか2000分の1mmの厚さしかありませんが、15〜40%の水分を含んで、その下にある表皮や真皮、さらに下のいろいろな組織を外界から守っています。

 

この角質層に水分をたっぷり含んだ状態が、肌が潤っている状態であり、水分が少ない状態が乾燥肌と言うわけです。

 

振る場など湿度の下がった環境下では角質も蒸発します。

 

ほうっておくと水分がどんどん空気中に飛んでいくのは知られています。

 

濡れたタオルもカラカラに乾きます。

 

健康な角質層では水分は15%以下には下がりません。

 

角質層がカラカラにならないのかは、油分が水分にふたをしているからだと信じられてきました。

 

でも油分では肌の潤いは守れません。

 

セラミドは角質細胞間脂質の中でももっとも重要なもので、水の分子をサンドイッチ状に挟みこんで蒸発しないように捕まえてしまいます。

 

この挟みこまれた水は、湿度が0%になっても蒸発しないし、氷点下20℃になっても凍らないのです。

 

これがあるから人間は砂漠に行っても干物に成らないですし、南極に行っても凍らないのです。

 

肌の水分量を守っているのは、角質細胞間脂質が主役ですが、その他に皮脂と天然保湿因子が保湿の三因子と言われます。

 

化粧品にアミノ酸が入っているのは、この天然保湿因子を潤うという発想です。

 

これらの保湿力はおたがいに働きあって、肌の上でバランスをとっています。

 

でも間違ったスキンケアをすると失われていって、肌が乾燥することになります。

 

化粧水などで水を中心に補給してもダメで、失ってしまった保湿成分を与えることが必要になります。

 

乾燥が激しい人はセラミド、ヒアルロン酸などをたっぷり含む美容液をベタベタするくらいに塗ると、翌朝は肌がしっとり落ち着きます。

 

乾燥が激しくない人は、アミノ酸に少しヒアルロン酸が入った程度の化粧水でもいいです。

30代までは油分よりも水分を中心に保湿

肌の水分量は、赤ちゃんの時が一番多くて、年々減っていきます。

 

これに対して油分の量は、赤ちゃんの時は少なくて、思春期のころに増え始めて、閉経とともにまた減ります。

 

性ホルモンの分泌と同じカーブを描くのです。

 

肌にとってどちらが大切かと言うと、言うまでもなく水分です。

 

水分の多い肌は透明感とハリがあって、刺激に対しても抵抗力があります。

 

油分が多いと雑菌がつきやすく、ニキビもできますし、皮脂は空気で酸化されて皮膚を刺激することもあります。

 

10代は水分も油分も多いので、よく洗って何もつけなくても大丈夫なんです。

 

20代から30代では水分が減ってきますが、油分はまだ減らないので、水分補給を中心にしたスキンケアをしていきます。

 

40代の閉経が近くなることから油分も減ってきますので、クリームなどが必要になります。

 

つまり30代まdねお一は、乾燥してもまずは水分だけで保湿してみて、それでも乾燥するときだけ油分を補うようにします。

 

なるべく部分使いにとどめますが、目元や口元は皮脂腺がほとんどないので、若い人でも油分が必要になったりします。